ハズキルーペ とコンタクト

最終更新日

ハズキルーペ は拡大鏡であり、老眼鏡ではありません。

とは言っても、「同じように手元を見るんだから一緒だろう?」と思っている人も少なくありませんね。

ハズキルーペ とは

小さな文字を大きく拡大するメガネ型の拡大鏡

ハズキルーペ 公式サイト

老眼鏡とは

主に眼前30cm前後にピントを合わせるメガネの事。(字は大きくなりません)

もっと簡単に言うと「ピンポイントに拡大する必要がある時はハズキルーペ 。新聞や本などを読む時は老眼鏡」です。

これ結構勘違いしている人が多いと思います。

CM批判するつもりは無いんですけど、結構ツッコミどころ満載なんですよアレ。

例えば、ハズキルーペ 掛けたまま遠くを見ちゃう。(イヤイヤ見えませんって。ボヤボヤですよ)

いかにも掛けっぱなしでも良いような演出。

まあCMの演出上ギリギリな表現なんでしょうね。

但し、きちんと拡大鏡として使用されるのであれば優れた製品ですよ。公式サイトにはきちんと「拡大鏡です」と謳ってますしね。

コンタクトレンズとの併用

コンタクトレンズとの併用は全く問題ありませんが、クドイようですが、あくまでも拡大鏡なので用が済みましたらすぐ外しましょう。

因みにコンタクトレンズと老眼鏡の併用も勿論OKです。通常はこのパターンでしょうね。

そして、遠近両用コンタクトレンズ と老眼鏡の併用もOKです。但し、この場合、元々遠近両用コンタクトレンズが眼に入っているので、あくまでも補助的な役割です。その為、最も弱い度数の老眼鏡になりますね(殆どの場合・・・)

でも皆さん、「何で遠近両用コンタクトレンズ使ってるのにさらに老眼鏡使うの?」と思っていますよね・・・実はコンタクトレンズの遠近両用はメガネ程くっきりした見え方はしないんです。主に生活視力の再現を目的にしているので、ガッツリ本を読もう!と云う場合はちょっと役不足なんですよね。

だからその時だけコンタクトレンズの上から老眼鏡を使います。

まあ、これは眼科やメガネ店でご相談された方が良いですね。

コン太郎

コンタクトレンズの全てを知るコンタクトレンズ マスター。一般ユーザーの為、メーカーや関係者への忖度無しで正直に答えます。